この冬、食べ物で血行を良くして冷え性を改善

寒い季節がやってきました。

 

冷え性の人達はブルブル体を震わせて、ガチガチ歯を鳴らしているのではないでしょうか。

 

そこで、少しでもこの辛さを改善したいとお考えの皆様へ、冷え性に良い食べ物、悪い食べ物をご紹介します。

 

冷え性に良い食べ物とは?

冷え性を改善するためにはビタミンEやビタミンCが豊富に含まれている食べ物をを食べると良いと言われています。

 

これらビタミンC、ビタミンEは血行を良くしたり、血液の主な成分である鉄分の吸収を促進する働きがあります。

 

血行が良くなって、体の中をしっかり血液が流れると、体の中が温まるイメージがわきますね。

 

ビタミンEが多く含まれる食材としてはアーモンドなどの豆類や、かぼちゃや大根の葉などの緑黄色野菜が挙げられます。

 

ビタミンCが多い食材としては、ピーマンやブロッコリーなどの野菜やアセロラやキウイなどの果物が挙げられます。

 

これらの成分を意識的にバランスよく摂り続けることで、冷え性の改善に役立つことでしょう。

 

冷え性に良くない食べ物は?

逆に冷え性に良くない食べ物にはどのような物があげられるのでしょうか。

 

実は糖分が多く含まれているお菓子です。特に冷たいアイスクリームは避けるべきでしょう。

 

糖分を多く摂り過ぎると血液中の糖分が増えてしまい血行が悪くなる可能性があります。

 

冷たいアイスクリームを食べて体を冷やしつつ血行を悪くするなどという事はなるべく避けましょう。

 

お菓子を食べるときは、なるべく糖分が少なめで冷たくないものを食べるようにしたいですね。

 

血行が良くなる食べ物を食べて、血行が悪くなる食べ物を避けて、少しでも冷え性の改善につなげていきたいものです。

 

関連記事

ドロドロ血をサラサラ血にすれば冷え性は改善する