冷え性の原因とその改善策

女性に多いとされる冷え性ですが、近年では男性の間でも増えてきていると言われ、性別や世代に関係無く起こるものとなりました。特に冬場は冷え性の方には辛いもので、夏場でも冷房などで冷え性に悩む方は多いのではないでしょうか。

 

冷え性の原因とは

冷え性が起こる原因は様々ですが、血行が悪くなったことが最大の原因です。人間の体温は血液によって保たれているわけですが、末端部分である手足への血行が悪くなるとその部分に血液が行き届かず冷えてしまうのです。

 

冷え性を改善するためには

冷え性を改善するためには、血流を改善させる必要があります。血流が悪くなる原因は、自律神経のコントロールや水分不足、アルコールに運動不足に食生活と実に様々です。

 

どれも日常生活の過ごし方によっていつでも引き起こされる可能性があるものですが、逆に言えばどれも正しい生活を過ごしていれば改善出来るものでもあります。

 

例えば食生活においては、体を温める食材を中心に摂るように心掛けます。

 

ショウガやネギ、トウガラシなどは有名ですが、ダイコンやカブ、ゴボウなどの根菜類や白菜、ブロッコリー、ゴマなども体を温めます。冬場に採れる野菜は体を温める傾向にありますから覚えておくと良いでしょう。

 

運動不足は、定期的に運動をする時間を作るのが理想的ですが、それが出来ない場合は日常生活でエレベーターを使わず階段を上るとか、車を使わず歩くといったことでも十分効果は望めます。筋力不足にならないことが重要です。

 

冷え性は放っておけば様々な病気を併発する可能性のあるリスクです。しかし、対処しやすい症状ですから、日々の生活に気を付けて予防していくことが重要です。

 

生活習慣からくる冷え症

冷え性でお困りの人は日本にたくさんいます。特に女性が多いと言われていますが、実際に男性でも冷えに悩む人は多いです。

 

よく間違えられるのが、基礎体温の低い「低体温」です。低体温と冷え性は違います。基礎体温が高くても低くても、冷え性は起こります。

 

ではなぜ冷えは起きるのでしょうか。ここでは生活習慣が原因の冷えにスポットを当ててみます。

 

ストレスによる冷え

最近話題になっているのは、現代人ならではのストレスによる冷えです。ストレスで緊張すると、肩がこったり頭痛がしたりする事があります。

 

緊張によって体が固くなり血行が悪くなる感覚は、身に覚えがある方もいるのではないでしょうか。

 

冷え性の人で、ふと気がつくと体に力が入っているなと思ったら、それはストレスが原因かもしれません。

 

もしそうであれば、いくら冷えにいい食べ物や飲み物を摂っても、根本が解決していないので冷えは治らないでしょう。

 

自分に合った方法でリラックスして、縮んだ血管を緩めて体全体に血をめぐらせましょう。

 

ストレスを完全になくす事は、現実的には難しいかもしれません。それでも、和らげるために努力してみる価値はあります。

 

夏の冷やし過ぎ

夏はどのように過ごしているでしょうか。

 

近年の真夏の気温は高くなり、最高気温も記録を更新するほどです。そうなると、エアコンなしではいられない日々が続きます。

 

昼も夜もずっとエアコンの部屋にいると、たとえ設定温度を高くしていたとしても、体の芯が冷えてしまっている場合があります。

 

そうすると、表面は暑さを感じますが、実は底冷えのような状態になっているのです。そのまま寒い季節に突入して、冷えは治る事なく定着してしまいます。そこまで冷えていると、お風呂で温まったぐらいでは改善はしません。

 

おすすめは岩盤浴です。

 

遠赤外線効果のある鉱石で直接温めると、短い時間で芯まで温まります。定期的に何度か繰り返す事で、慢性的な冷えの解消が期待できます。

 

その他にも、冷え性には様々な原因があります。いつもの事とあきらめないで、改善できるように努力する事が大切です。

 

血行改善サプリで相乗効果

冷え症対策に血行を改善してくれるサプリメントもおすすめ。

 

様々な種類のサプリが発売されていますが、体の中からポカポカと温めてくれるのが生姜配合のサプリメントです。

 

飲みやすく、お値段がお手頃なのも多いので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

>>血行改善サプリメントで冷え症改善!手軽に飲める生姜配合サプリ

更新履歴